FC2ブログ

神戸セレクトショップ happy go lucky

新商品入荷情報や商品説明 その他お知らせ     

2012-11

【HGL☆BLOG2535】 Tricker's

こんばんは!シノハラです。

前回、大好評頂いたトリッカーズへの別注ですが、
モデル・カラー・ソールを変更して依頼した、第二弾が入荷致しました!
とても楽しみにしていたのでテンションMAXです笑
ぜひ、店頭でもご覧くださいね!



■Tricker's(トリッカーズ) happy go lucky別注
ART:M7047 ¥64050(税込)
SOLE:DINITE
SIZE:UK6H/UK7/UK7H/UK8/UK8H
COLOR:NAVY BLUE
IMG_5955.jpg

IMG_5965.jpg

IMG_5963.jpg

IMG_5966_20121109175453.jpg

IMG_5969_20121109175453.jpg

Tricker'S(トリッカーズ)への別注第2弾となる今作は、
セミブローグタイプのM7047をベースに、NAVY BLUEのレザーを使用。

今回も、年間を通してオールシーズン愛用頂ける短靴をチョイス。
カラーリングは、トレンドカラーのネイビー。
コーディネートのしやすさはピカイチ。

ソールは、丈夫で歩きやすく、レザーシューズに程好いカジュアル感の出る、
ダイナイトソールをセレクト。雨の日もすべりにくいのが特徴。
もちろん、グッドイヤーウェルト製法でソール交換も可能。
水が浸入しにくく、長時間の歩行に適し、独特のフィット感が得れます。
Tricker'sはもともと、悪路やハンティング時に着用されていたので、
悪天候に強いのも嬉しい限り。

カジュアルなレザーシューズとして気楽に履け、
いつの時代にもマッチし色褪せない普遍性。
一貫して一人の職人が手がけるハンドメイドならではの最高の一足。
長年愛用できるパートーナーとしてぜひどうぞ。



*Tricker's(トリッカーズ)
プリンス・オブ・ウェールズ(チャールズ皇太子)のシューメーカーとしても有名なトリッカーズの歴史は、1829年までに遡る事になる。靴作りの聖地とも言えるイギリスの片田舎、ノーザンプトンに現存する最古のシューメーカーである。セント・ミッチェル通りにある工場には、王冠に3本の鳥の羽根をあしらった紋章が掲げられている。すなわちこれこそ、プリンス・オブ・ウェールズの紋章なのである。しかし英国王室御用達に指定されたのは、実はまだ20年程前からこと。その理由には、今は亡き元ダイアナ元皇太子妃が深く関わっていた。何を隠そうノーザンプトンはダイアナ元皇太子妃の故郷なのである。昔から慣れ親しんできたトリッカーズのルームシューズをチャールズ皇太子に薦めたところ、たいそう気に入りそれ以来、御用達メーカーに指定されたと言われている。ハンドメイド・ベンチメイドシューメーカーとして古くから手仕事を大切にし、靴作りに対する確固たる信念を持ち続けてきたことがトリッカーズの愛されている所以である。




■ホームページhttp://www.happygolucky-kobe.comもぜひご覧下さい!

■TEL:078-331-0773、MAIL:info@happygolucky-kobe.comからも、
通信販売を承っております。お気軽にご連絡下さいませ。

 | HOME | 

 

リンク

最新の記事

過去ログ

カテゴリー