FC2ブログ

神戸セレクトショップ happy go lucky

新商品入荷情報や商品説明 その他お知らせ     

2005-12

【HGL☆BLOG91】 ART WORK VOL.3

こんにちは!シノハラです。

神戸は雪が積もりました。

寒いですが、なぜか雪を見るとテンション上がります↑

ルミナリエ、今日が最終日です。

防寒対策バッチリでお出かけすることをオススメします!!



今日はhappy-go-lucky☆に、ゆかりのあるアーティスト紹介のVOL.3で、

中田国宏さんが、作品を提供してくれました。

彼は、レディースアパレルメーカーに勤務しつつ

自身のレディース服のアイテムを製作したり、

絵を書いたりと多忙な毎日を送っています。

兵庫県を代表するアーティスト、横尾忠則さんを敬愛し、影響をうけた

彼の作品は、大胆な色使いが特徴的です。
(画像をクリックして頂くと大きくなります)
20051214134655.jpg
作:中田国宏
20051214134709.jpg
作:中田国宏

作品説明ですが、彼から頂いたメールを抜粋します↓↓↓

描いているときは何も考えていません。無心だったり、晩御飯や日常いつも皆が想ってるようなことしか浮かんでないです。
キャンバスに絵の具が乗って、コラージュなら材料をジっと眺めてるとだんだん周りが浮かんでくるので、そのまま描きます。
やっぱり技術が無いから全く同じようには描けないんですが、そんな時はキャンバスとの対話で、何かを足したり引いたりすると、
もともと描こうと想ったものと同じ印象にしていく方法がみつかります。
全く違うものになる事もありますけど成り行きを楽しみながら描いていますね。

で、この作品に対してですが、自分で描いたんですけど、鑑賞者としての感想を。
1番目の獅子のコラージュ:
トロンプルイユ的な印象です。月のような昔の通貨に岩のような雲。岩かもしれません。
目のくり抜かれた獅子と目のある獅子の尾が∞のシンボルになっていて混沌の渦。情熱の赤をバックに廃墟のような建物。
で、「ART WARD」のロゴが入って商業デザイン的にしています。絵の中の情景はイメージになったとおもいます。

2番目のパレットの絵の具:
捨てられてしまうはずの乾いた絵の具の裏は実は綺麗なガラスのようになっていました。捨てられる運命にある絵の具の再生を
してみました。描いているときはそんな事想いませんでしたが、知らず知らず十字架と白と黒をもってきたのは偶然でしょうか?!

こんな感じで、自分でもなにを描いているのかわかりません!
見てくれた人が想ったことが正解です!

とのことです!
明日から、3連休ですね!
再入荷商品も揃っていますので、ぜひ遊びに来てください!
お待ちしております!

*ご意見、感想、お待ちしています!
*作品を掲載したい方は、ぜひぜひ声をかけて下さい!
 お気軽にどうぞ!

HPもご覧下さいね!

 | HOME | 

 

リンク

最新の記事

過去ログ

カテゴリー